開院時間9:00~21:00 不定休(土日祝も営業) 豊田市駅より徒歩7分 豊田信用金庫斜め向かい お問い合わせ TEL090-7437-4757

愛知県豊田市の自律神経専門院 うつ、頭痛、めまい、耳鳴り、パニック、起立性調節障害などに対応

強く押したり、揉んだりすることの弊害

強く押したり、揉んだりすることの弊害

無痛整体 無為楽堂 院長の中村です。
先日、以下の番組が放映されました。
まとめると、肩こり解消目的のお客さんが増えており、整骨院や民間の慰安マッサージで強く押したり揉んだりされた結果、怪我や重い後遺症が残ってしまったケースが相次いでいるということです。
そのために、施術者は人体の勉強にもっと取り組むべき、という主張でした。

当院の見解では、人体の仕組み上、強い力で人体を押したり揉んだりすることは害が多いと考えています。
強い力で揉んだりすると、揉まれた部分の組織が破壊され、その修復のため一時的に血流がよくなり、その瞬間は肩こりが解消され、気持ちよく感じるかもしれません。
しかし、人体は揉んで組織を破壊されたことを「攻撃された」と認識し、組織を破壊されないようその部分を強固に修復します。
結果、肩こりがより酷くなり、何度もより強く揉まなくてはならなくなり、悪化と一途をたどるのです。

ですから、無痛整体では、押したり揉んだりしません。
そのようなことしなくても、脳に肩こりを作り出している筋肉を知らせてやれば良いのです。
そうすれば、脳が自ら筋肉の開放し、肩こりを解消するのです。
そのために必要なことは、そっと触れて、やさしく揺らすことで十分なのです。

コメント


認証コード8579

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional